トップ

歯科助手に求められるもの

歯科助手として採用された際に大切なのは「診療に必要な器具名を覚える」という事です。「基本セット」と呼ばれるものがあって、これらはどのような診療の際にも使いますので、患者さんごとに1セットを作り、診療が始まる前までに所定の場所に準備しておきます。歯科衛生士の免許を持たない助手専属だと治療の流れを覚えるのに時間がかかりますが、絶妙のタイミングで器具を渡せるようになると医師も安心して任せられますので、それぞれの器具の役割と名前を正しく覚えておくと良いです。「診療がスムーズにいくように、医療行為でない範囲でサポートするのが助手」というのを踏まえて、業務をしなければならないのです。

歯科,利用

器具名を知ることについて

歯科医になる時には、器具名をしっかりと覚えておくことが欠かせません。というのも、仕事をするときに、器具をたくさん使用することになるからです。仕事をするときに器具のことを知らなければ、仕事を上手くこなすことができなくなります。そのため、歯科医として働くことを考えている人は、しっかりと器具名を覚えておくことがとても大切になります。また、それぞれの器具の正しい使用方法についても知っておくことが大切になります。正しい使用方法を知っておくと、治療をするときに役立つからです。医師として働くときには、免許も必要です。

↑PAGE TOP