トップ / 歯医者に行くきっかけ

虫歯治療だけが歯医者の役割か

歯医者は虫歯など歯の病気にかかった時に通院をする場所だと考えている人も多いものですが、それだけではなく歯の病気にかからないために通院をする場所でもあるのです。健康な人でも定期的に健康診断を受けに病院にいくように、歯の病気にかかっていない人であっても定期健診を受ける意味というのはとても大きなものとなっているのです。虫歯などの歯の病気はできてしまったら早めの治療が肝心ですが、一番大事なことはまず病気にならないことです。そのため、定期的に歯医者に検診に通うことで歯の病気の予防をすることができます。

歯科,利用

歯周病は歯を失う怖い病気

歯周病になっても痛みがないので気にせず過ごす人も多いのですが、実は歯を失う原因になる怖い病気です。歯を支える骨を溶かしてしまうので歯がぐらついてきたり、ある日突然歯が抜けてしまったりすることもあります。朝起きて歯の表面が粘ついていたり、口臭がある人は気をつけないといけません。歯周病の原因は口の中にいる細菌で、普通の歯磨きでは取るの難しいのです。虫歯がなくても歯医者さんに行って歯石をとってもらったり、歯のメンテナンスをきちんと行なう事が大切です。ストレスが多かったり不規則な生活をする人はなりやすいです。

↑PAGE TOP