トップ / 歯科へのクレームに関して

歯科医院に対するクレーム

「虫歯を治してもらうはずだったのに、治療を終えたら熱い物や冷たい物が歯にしみるようになった」とか「詰め物がすぐ取れた」などのトラブルは直接歯科医師に相談して連絡して再度治療をしてもらうのが一番ですが、現在はインターネットが普及しています。トラブル時の対応次第では歯科医院に対する口コミやクレーム等をネット上で公開される事も多く、評価が低い場合は今後の業務にも影響を及ぼす事があります。良い事は事実に基づいて口コミを書きますが、悪い事に関しては大げさに書かれている事もあり、それを読んだ方は「あの医者は良くないんだ」という印象を持ってしまいます。悪い口コミは広がるのが早いので注意しなければなりません。

歯科,利用

クレームの種類と対応

歯科のクレームとは、歯の治療上で生じる苦言や要求のことで、原則として治療を受ける患者側から出されます。このような問題が生じた場合は、患者と医師側が冷静に話し合って解決に向けて協議することになります。クレームの種類は、主に治療の結果に関することと費用に関することがあります。治療の結果に関することとしては、治療後の仕上がりに関する不満や副作用を含む医療過誤などがあります。費用に関することしては、歯科治療後の費用が高額になる場合や事前の説明と異なる費用の請求などがあります。このような問題を避けるには、何よりも医師との意思の疎通が大切です。治療前に事前に充分な説明を受けて合意した上で治療を受ける方法が有効です。

↑PAGE TOP