トップ / 舌側矯正で目立たず矯正

舌側矯正のメリットとは

舌側矯正は、歯並びや咬み合わせを整えるため行う歯科矯正治療の方法のひとつです。歯の表側に装置をとりつける一般的な矯正治療とは異なり、歯の裏側に装置をとりつけることから、矯正していることが他人にはわかりません。このため、不快な他人の視線を気にせずに治療に専念できるほか、虫歯についても比較的なりにくいというメリットがあります。また、日常的にスポーツや楽器の演奏をしている人は、顔の正面からの衝撃に遭いやすく、矯正装置がはずれてケガをするケースも多いものですが、舌側矯正であれば、そうした危険を防ぐことができます。

歯科,利用

歯周病と矯正の関係は

歯周病になってしまうと、歯の矯正に大きな影響を与えます。歯周病でダメージを受けた歯肉や歯槽骨の上に乗っている歯が治療を受けると、歯へのダメージがより深刻になってしまう恐れがあるために、歯周病を治さないと治療を受けることができません。場合によっては、歯が抜け落ちてしまうこともあるために、治療を受ける前に歯周病の有無を確認することは前提条件となります。歯周病は、食べるときに発生する歯垢や、歯の磨き方などが原因となります。そこで、矯正を受ける前にはしっかりと対策をしておくことが、治療をするためには必要です。

↑PAGE TOP